退職代行コラム

給付金を損せず長期間もらうには退職コンシェルジュのサポートを活用しよう

退職代行を利用し、退職した後に

・しばらくは働かず休みたい
・転職できず間が空いた時の収入が心配
・もう会社に雇われたくない

こんな風に考える方は非常に多いです。

退職後使える給付金としては失業給付が有名ですが、雇用保険加入期間が10年未満の方は3ヶ月しか給付を受けることができないので不安ですよね。

実は、健康保険の傷病手当(18ヶ月)と雇用保険の失業給付(3ヶ月)を組み合わせることで受給期間を21ヶ月に伸ばすことができます。

雇用保険だけでなく、健康保険も利用していくのが社会保険給付の考え方です。

受給中は働きに出ることは禁じられていますが、ネットビジネスや投資、在宅ワークは許可されているので、収入の心配はないですし休みの期間でスキルを身につけてフリーで働きたい方にもオススメです。

しかし、傷病手当の受給はハードルが高く、診断書をもらう手順があったり、書類を少しでも間違えてしまうと申請が通らなかったりと1人で行うのは困難です。

そこでオススメなのが退職コンシェルジュの給付金サポートです。

受給できる金額の10〜15%を支払う必要がありますが

料金を差し引いても年収300万円の方でも平均で370万円プラスになっているので一度無料相談をしてみると良いでしょう。

詳細ページ

給付金サポートの内容と受給条件

最大28ヶ月というのは社会保険による傷病手当(18ヶ月)と雇用保険による失業給付(3〜10ヶ月)を合わせた期間です。

スケジュールはこんな感じです。

失業給付が3ヶ月の方でも2年近くは給付を受けることができます。

しかし受給には一定の要件があります。

給付を受ける条件
  • 社会保険に1年以上加入していること
  • 20歳〜54歳
  • 退職日が本日から2週間以上ある
  • 現時点で転職先が決まっていない

まだ退職を伝えていないのであれば退職日までは2週間あると考えて大丈夫です。
社会保険の加入日は保険証でチェックできます。

上記以外に個別の詳細条件もあるので、まずは給付金サポートの無料相談を受けてみましょう。
詳細ページ

給付金受給の実例:佐藤さんの場合

佐藤さんの場合は失業給付を10ヶ月受け取っているので少し珍しいケースですが、失業給付が3ヶ月だとしても400万円程度は受給できる計算になります。

在宅ワークで収入を得たとして、合計すると家庭のある方でも問題ない額だと思います。

もちろん再就職を目指すことも大切ですがもらえる給付をしっかりもらって会社に行かない期間があっても良いと思います。

ご自身で受給できるように手続きをしても良いですが、失敗すると給付が打ち切られてしまうリスクもあるので、不安な場合は給付金サポートに相談しましょう。
詳細ページ

給付金サポートに関する疑問Q&A

給付金サポートに関する疑問を紹介します。

給付金をもらえないこともある?

退職コンシェルジュは4年で1,100名以上の申請サポートを行なっていますが、申請が通らないケースは非常に稀です。

サポート通りやっても万が一申請が通らなかった場合は料金は全額返金してもらえます。

もらえる額の10〜15%が料金って高くない?

給付金サポートを受けて申請をすると、自分1人で申請するよりも8〜10倍程度多く受給できる方が多いです。

すぐに仕事に復帰するつもりの方には不要ですが、長く給付金もらって休みたい方は数百万円単位でプラスになるので検討する価値はあると思います。

勤めてる会社に迷惑はかかる?

勤めている会社に迷惑がかかることはありません。

労災保険を使うと体裁に傷がついたしますが、社会保険と雇用保険を利用するので問題はありません。

給付金を受け取る時の注意点はある?

注意点としては生命保険の新規加入に影響がある可能性があるので、給付金の前に生命保険の加入を終わらせておくと良いでしょう。

再就職する場合には受給期間の過ごし方について聞かれるので「資格の勉強をしていた」「実家を手伝っていた」など理由を考えておくと良いでしょう。

その他、細かな疑問については無料の面談があるのでじっくり相談することもできます。
まずはLINEやメールで相談してみましょう。
詳細ページ

給付金サポート運営会社の概要

給付金サポートを行なっている退職コンシェルジュの運営会社はCREED BANK株式会社です。

会社概要を紹介します。

就労支援や職業紹介をはじめとし、様々な業務に当たっている会社です。

社労士が給付金サポートを行なっているわけではありませんが、社労士、弁護士のサポートのもと業務を行なっています。

退職後の収入の不安が和らいだら退職代行サービスを選ぼう

給付金サポートを利用して申請を行えば実に21ヶ月もの間一定の収入が保証されることになります。

いま働くことが非常につらく、自信がなくなっていてもしっかり傷を癒して充電するには十分は期間です。

21ヶ月の期間を利用してもう働きに出なくて良くなるようにフリーランスで働く道を確立することもできるでしょう。

転職にじっくり時間をかけて今度こそ間違いのない会社選びをすることもできます。

人生において非常に重要な時間とお金を手に入れることのできる給付金サポートを逃さないようにしましょう。
詳細ページ
給付金サポートで退職後の収入の不安が和らいだ方は退職代行選びをしっかり行いましょう。

100社の中から厳選したランキングを紹介しているのであなたにぴったりの退職代行サービスが見つかるはずです。ぜひご覧ください。

 

RELATED POST
退職代行コラム

管理職の退職代行体験談とおすすめサービスランキング!辞めた理由も紹介

2021年1月20日
退職代行おすすめ業者比較ランキング2021【100社から厳選】|退職代行ソムリエ24
こんな方は非常に多いと思います。 結論から言うと管理職は非常に辞めにくいので退職代行の利用がベストです。 「管理職という立場 …
退職代行コラム

【退職代行始め方講座】手順や仕組み、その後までやり方を徹底解説!

2020年12月24日
退職代行おすすめ業者比較ランキング2021【100社から厳選】|退職代行ソムリエ24
目次から興味のある項目を順に見て行ってくださいね。 この記事を読むと退職代行を利用するにあたって十分な知識が身につくので失敗す …
退職代行コラム

建設業を退職代行で辞めて良い理由!体験談とおすすめサービスランキングも紹介

2021年1月11日
退職代行おすすめ業者比較ランキング2021【100社から厳選】|退職代行ソムリエ24
こんな方も多いと思います。 結論から言うと退職代行を使って辞めて良いんです。 建設業の「休みの少なさ」「人手不足」「残業 …