仕事の悩み相談

「デスクワークがつらくて辞めたい」はアリ?|つらい理由や向かない人も紹介

デスクワークは楽そうに見える仕事の一つですが

実際に働いてみると思ったよりもかなり辛いですよね。

今回の記事では

・デスクワークが辛ければ辞めても良い?
・みんなどんな理由で辞めたいんだろう?
・デスクワークに向かない人はどんな人?

といった疑問にお答えし

さらに

デスクワークのつらさを和らげる方法
デスクワークの少ない仕事は?
辞めたいけど辞められない時の対処法

について解説していきます。

デスクワークが辛ければ辞めても良い

デスクワークは快適な室内でキーボードを叩いているだけの楽な仕事に見えます。

  • デスクワークが辛いなんて自分は甘いのかな?
  • デスクワークが続かなければ他の職も無理かな?

こんな風に感じるかもしれませんが

デスクワークは思っているよりキツい仕事で実際に過酷です。

辛ければ辞めてしまっても大丈夫です。

甘えでもなんでもないですし、他の職で十分にやっていくことができます。

むしろ辛いまま無理して続けてしまうと

  • 休日も頻繁に通院
  • マッサージに通いにお金がかかる

といった状態なりやすいのがデスクワークです。

限界まで我慢して手遅れになる前に手を打った方が良いと言えるでしょう。

デスクワークの辛さはデスクワークという労働形態によって引き起こされている場合がほとんどなので

解決するには基本的に転職しかありません。

しかし転職以前に退職に躊躇してしまう人が多く

なかなか退職に踏み切れません。

そんな場合は、退職のハードルをゼロにしてくれる退職代行がおすすめです。

転職サポートの付いている退職代行サービスもあるので

デスクワークがつらくて辞めたいと思う方はチェックしてみてください。

「辞めづらい」時に利用すべき退職代行とは

退職代行とは会社を辞めたいと思った時に、本人に変わって退職の処理を行ってくれるサービスです。

2018年ごろから増えてきたサービスで多くのメディアで紹介されています。

中でも有名なのは

の3大退職代行業者で

20代男性の利用が最も多いですがサービスの普及とともに幅広い年代、性別の方の退職に貢献しています。

料金はかかってしまいますが

  • LINEで手軽に連絡ができて退職が完了する
  • 自分で退職を言わなくて良い
  • 一切会社の人と顔を合わさず退職できる
  • 明日から出勤しなくて良くなる

とメリットが多いので利用者が急増しているサービスです。

退職代行業者はどこが良い?

実績の多い3大退職代行サービスの中から選ぶと良いですが

中でも一番おすすめは退職代行SARABA(サラバ)です。

退職代行SARABAの特徴

  • 実績がトップクラス
  • 口コミが良い
  • LINEの返信がとにかく速い
  • 会社の人と顔を合わせず退職できる
  • 即日退職可能
  • 会社との交渉権がある
  • 違法性を問われることがない
  • 価格も適正で追加料金なし

とにかく非の打ち所がない退職代行サービスなので一度チェックしてみてください。

\業界No.1の退職代行サービス/

サラバの詳細を見る サラバの公式HPを見る 

厳選したランキングをみたい方はこちら

デスクワークを辞めたくなる理由

デスクワークを「辞めたい」と感じる理由をチェックしましょう。

デスクワークを辞めたくなる理由

  • 腰痛・肩こりなど健康上の弊害
  • 1日中パソコンと向き合うのが苦痛
  • 逃げ場、息抜きがない
  • 単調な作業も多い

詳しく説明していきます。

腰痛・肩こりなど健康上の弊害

デスクワークが過酷で辞めたいと感じる理由の一つに

「体に疲労が蓄積して健康を害しやすい」ということが挙げられます。

  • 腰痛
  • 肩こり
  • 眼精疲労
  • 指の痛み・腱鞘炎
  • 運動不足による肥満

どれも慢性的に続くとストレスが大きく

デスクワークを続ける限り改善が難しいので「辞めたい」と思っても当然です。

「辞めたいけど辞められない」場合は退職代行の利用がおすすめです。

 

一番おすすめの退職代行サービスはこちら

\業界No.1の退職代行サービス/

サラバの評判を見る サラバの公式HPを見る 

1日中パソコンと向き合うのが苦痛

デスクワークは1日中パソコン画面と向き合っていることも珍しくありません。

ゲームやドラマに熱中して画面を見ているのとは違います。

人によっては「気が狂う」と表現するほど過酷な状況です。

慣れている人でも時に大きなストレスとなります。

逃げ場、息抜きがない

デスクワークの辛いところは同じ室内で1日中作業が続くことです。

会話も必要ない場合が多く、やり甲斐がある内容でもないので

逃げ場も息抜きもなく1日中、毎日仕事を続けなければいけないので大きなストレスとなります。

「辞めたい」と思っても無理のない状況です。

単調な作業も多い

1日中、同じ室内で作業を続けるデスクワークでも

作業内容が刺激的であれば苦になりません。

しかし、多くの場合デスクワークは単調な作業をこなさなければなりません。

誰でもできそうな内容が毎日繰り返され、終わりが見えないと精神的に大きなストレスとなり

「辞めたい」と感じてしまいます。

とはいえ退職にはハードルがあるので

「辞めたいけどなかなか辞められない」方は退職代行の利用を検討してみてください。

 

厳選ランキングはこちら

デスクワークに向かない人

向き不向きもチェックしましょう。

デスクワークに向かない人

  • 体を動かすのが好き(じっとしていられない)
  • 沈黙に圧迫感を感じる
  • 集中することが苦手
  • マルチタスク、ルーティンワークが苦手

詳しく説明していきます。

体を動かすのが好き(じっとしていられない)

体を動かすことが好きでじっとしていられない人はデスクワークに向きません。

「動いていた方が活き活きできる」という人も多いと思います。

そもそも単調作業で喜びを得られる人は少ないので

ある意味人として当然の反応かもしれません。

沈黙に圧迫感を感じる

デスクワークは黙ってパソコンに向かっている時間が長いので

沈黙に圧迫感を感じる人には向きません。

空気を読んでしまう人に多いですが

「黙っていると怒っている気がする」

「間を持たさないと」

と普段から考えている人にとって

たとえ仕事に集中しているとわかっていても

沈黙はストレスになります。

集中することが苦手

デスクワークはパソコン画面に向かって1日中作業をするので

集中力のない人には向きません。

集中力の長続きしない人は「あっちをして、こっちをして」と切り替えの多い仕事を快適に感じるので

腰を据えて画面に向かい、長時間集中するデスクワークは辛いと感じてしまいます。

マルチタスク、ルーティンワークが苦手

デスクワークは単純作業を繰り返す「ルーティン型」と複数同時並行する「マルチタスク型」とに分けられます。

どちらの場合も合わない人はとことん合わないです。

自分の考えがあり、独創性に優れた人にとって「ルーティン型」は地獄です。

一つ一つ着実にこなしていくタイプの人が「マルチタスク型」を行うとパンクしてしまいます。

「仕事ができない」訳ではなく人には適性があるのです。

「デスクワークが向いていない」と感じたら我慢せず、自分にあった職を探しましょう。

退職代行を使えば退職のハードルをゼロにし、転職もサポートしてもらえるのでおすすめです。

 

一番おすすめの退職代行サービスはこちら

\業界No.1の退職代行サービス/

サラバの評判を見る サラバの公式HPを見る 

厳選ランキングはこちら

デスクワークの辛さを和らげる方法

根本的解決にはなりませんが少しでもデスクワークの辛さを和らげる方法を紹介します。

デスクワークの辛さを和らげる方法

  • こまめに立ち歩く
  • 仕事の順番を工夫する
  • 些細なコミュニケーションを多く取る

詳しく説明していきます。

こまめに立ち歩く

疲れる前にこまめに運動することでデスクワークの辛さを和らげる方法です。

集中力のあるうちは画面に向かっていれますが、集中力が切れてしまうとその後辛いですよね。

集中力を使い果たす前に意識的に立ち歩いてください。

  • トイレに行ったり
  • コーヒーをいれに行ったり
  • コピーを取りに行ったり

用事を1度に済まさず、1時間に1回くらいは立ち歩けるようにしておくと

辛さが少しは和らぐと思います。

仕事の順番を工夫する

もし自分で1日のスケジュールを組めるようなら

同じ作業を延々やるのではなく別の作業を交互に組んだりして刺激を持たせると良いでしょう。

to doリストを作って消して行ったり、時間を計ってタイムトライアルのようにしても良いでしょう。

業務効率化のためではなく、自分の辛さを和らげるためにやりましょう。

些細なコミュニケーションを多く取る

デスクワークは基本的にコミュニケーションを取る必要が無い場合も多いです。

しかし、黙って作業を続けていると息が詰まってしまうので

長々と話しづらいと思うので、小さなコミュニケーションを重ねましょう。

自分が立ち歩く際に

  • ついでに書類取ってきましょうか?
  • 何か飲み物いれてきましょうか?

など何でも良いので少しでも関わりがあると辛さが和らぎます。

デスクワークの少ない仕事は?

デスクワークの少ない仕事を紹介します。

  • 接客・販売業・飲食業
  • 営業
  • 工場・製造業
  • 介護福祉士
  • 建設業
  • 運輸業
  • 清掃業

などです。

転職の際には参考にしてみてください。

辞めたくても辞められない時の対処法

  • 辞めたいと言い出せない
  • 辞めたいと伝えたが許してくれない
  • 人が足りないので辞められない
  • 後任がいない

など「辞めたくても辞められない」と感じる場面も多いと思います。

しかし、退職は労働者の権利であり基本的にどんな場合も本人が希望すれば認められます。

それでも「退職のハードルが高い」と感じる場合

退職代行の利用がおすすめです。

悩んでいる時間が嘘のように簡単に退職することができます。

 

一番おすすめの退職代行サービス

\業界No.1の退職代行サービス/

サラバの詳細を見る サラバの公式HPを見る 

厳選退職代行ランキング

「デスクワークを辞めたい」まとめ

「デスクワークを辞めたい」まとめ

  • デスクワークが辛ければ辞めても良い
  • デスクワークは「楽な仕事」ではない
  • 健康上の弊害がひどくなる前に退職した方が良い場合も多い
  • 「辞めたいけど辞められない」場合は退職代行の利用がおすすめ
  • 退職代行サービスでNo.1は退職代行SARABA

日本人は責任感が強い人が多いので

「通院をしながら」

「マッサージに通いながら」

「我慢すれば何とかなる」

と辛くても辞めずに続けてしまう方が多いです。

しかし、他の職にも就くことができる状況で無理して続ける必要があるかもう一度考えていただきたいです。

もし我慢している理由が「辞めづらいから」だとしたら退職代行の利用を検討してみてください。

きっと助けになると思います。

 

一番おすすめの退職代行サービス

\業界No.1の退職代行サービス/

サラバの詳細を見る サラバの公式HPを見る 


厳選退職代行ランキング