仕事の悩み相談

職場でサイレントモラハラを受ける人の特徴と対処法は?具体例も紹介

職場での悩みの一つにモラハラがありますが

モラハラの中でも特に陰湿なサイレントモラハラが急増して来ています。

今回の記事では

・サイレントモラハラの対処法は?
・サイレントモラハラを受ける人の特徴は?
・サイレントモラハラの具体例は?

といった疑問にお答えし

さらに

サイレントモラハラをする人の心理状態
サイレントモラハラの注意点

についても解説していきます。

職場でサイレントモラハラを受けている時の対処法

職場でサイレントモラハラを受けている時の対処法

  • 攻撃を全て無視し、深く考えない
  • 出来るだけ関わりを減らす
  • 自分を責めない
  • 退職して解放される

詳しく解説していきます。

攻撃を全て無視し、深く考えない

サイレントモラハラは空気で威圧したりわずかなサインを送って追い詰めてきますが

その全てに反応し

「もっとこうした方がいいかな」

「嫌われてるかな」

「機嫌悪いのかな」

と考えてしまっていると相手の思うツボです。

サイレントモラハラは非常に陰湿ですが面と向かって怒鳴られたりするわけではないので

まずは何をされても全て無視し、行動の意味を深く考えないようにすると良いです。

相手からすると「攻撃しても効いてない」と思うので攻撃対象から外れることができます。

出来るだけ関わりを減らす

相手の攻撃をなるべく無視することで少しはストレスの軽減になりますが

無視しても気づいてはしまうので小さなストレスが蓄積してしまいます。

解決策としてはなるべく接触を減らすことです。

恐ろしいことに何度も相手の攻撃に影響を受けていると

「特定の攻撃をされると気分が悪くなる」流れが刷り込まれて洗脳に近い状態になる可能性もあります。

これをアンカリングと言いますが、避けるためには攻撃を受ける回数を減らすことが効果的です。

自分を責めない

サイレントモラハラを受けた場合、ダメージを受けていることを相手に悟られると相手は喜びます。

相手の攻撃に対して

「自分に落ち度があるから攻撃される」

「相手に気に入ってもらえない自分が悪い」

と自分を責めてしまうとダメージが大きくなってしまいます。

サイレントモラハラをしてくる上司などは「自分を偉大な人物」と勘違いしてしまう

自己愛性人格障害という気質を持っている場合が多く

あなたのせいでは無いので自分を責めてはいけません。

退職して解放される

サイレントモラハラを行う人は頭の良い傾向にあり、巧妙に罠を仕掛けてきます。

かなり厄介な敵と言えます。

  • 無視しても気になってしまう
  • 同じ職場なのでどうしても接点ができてしまう
  • 知らぬ間に自分を責めてしまってる

そんな方は退職してサイレントモラハラを振り払うしかありません。

サイレントモラハラをする人ほど二面性があり、周りの評判は良かったりします。

放っておくと蟻地獄のようにじわじわ追い詰められていくので

自分を守るためにも退職も視野に入れて考えてみてください。

サイレントモラハラは表立って攻撃してくるわけではないので証拠もなく、退職理由に悩む場合も多いと思います。

「辞めたいけど辞めれない」という方は退職代行の利用がおすすめです。

 

退職代行とは

退職代行とは会社を辞めたいと思った時に、本人に変わって退職の処理を行ってくれるサービスです。

2018年ごろから増えてきたサービスで多くのメディアで紹介されています。

中でも有名なのは

の3大退職代行業者で

20代男性の利用が最も多いですがサービスの普及とともに幅広い年代、性別の方の退職に貢献しています。

料金はかかってしまいますが

  • LINEで手軽に連絡ができて退職が完了する
  • 自分で退職を言わなくて良い
  • 一切会社の人と顔を合わさず退職できる
  • 明日から出勤しなくて良くなる

とメリットが多いので利用者が急増しているサービスです。

退職代行業者はどこが良い?

実績の多い3大退職代行サービスの中から選ぶと良いですが

中でも一番おすすめは退職代行SARABA(サラバ)です。

退職代行SARABAの特徴

  • 実績がトップクラス
  • 口コミが良い
  • LINEの返信がとにかく速い
  • 会社の人と顔を合わせず退職できる
  • 即日退職可能
  • 会社との交渉権がある
  • 違法性を問われることがない
  • 価格も適正で追加料金なし

とにかく非の打ち所がない退職代行サービスなので一度チェックしてみてください。

\業界No.1の退職代行サービス/

サラバの詳細を見る サラバの公式HPを見る 

厳選したランキングをみたい方はこちら

サイレントモラハラを受ける人の特徴と改善策

サイレントモラハラを受ける人の特徴

  • 正直で純粋な人
  • 自分の意見を強く言えない人
  • 相手の要望に応えようとする人

詳しく説明します。

正直で純粋な人

サイレントモラハラを行う人は歪んだ感覚の持ち主なので

正直で純粋な人に出会うと

  • この人を困らせたい
  • 自分にないものを持っていて妬ましい
  • 上手くコントロールできそう
  • 隙がある

このように感じてターゲットになってしまいます。

改善策

サイレントモラハラで行われている行為(目配せや咳払い、不機嫌な態度)を純粋に指摘する

サイレントモラハラ行なっている人はあくまで自分は悪者にならず、秘密裏に相手を追い詰めようとしています。

目配せに対して「何かありますか?」

咳払いに対して「風邪ですか?」

不機嫌な態度に対して「気分悪いですか?大丈夫?」

と単純な疑問系で周囲にわかるように指摘しましょう。

自分の行為を明かされると「都合が悪い」ということでターゲットを回避できる可能性があります。

自分の意見を強く言えない人

自分の意見を出せない人はサイレントモラハラを暴露される可能性がないので

ターゲットにされてしまいやすいです。

改善策

心を許せる人を1人味方につけ、打ち明ける

サイレントモラハラは無言の圧力を誰にも相談できず追い詰められてしまうところが危険です。

周りは誰も気づいていなくても心を許せる人に打ち明けると

その人が注意深く観察して気づいてくれます。

圧力をかけられている時に目配せをして分かってもらえたり

後から「さっきのやばかったね」と話ができるだけでかなり心理的負担が減るでしょう。

相手の要望に応えようとする人

相手の要望に応えようとする人は他人のニーズを察知する能力が高いので

小さなサインにも敏感に気づいてしまい、サイレントモラハラを受けやすいです。

改善策

サイレントモラハラを行う人とは別の人の要望に全力で答える

相手の要望に応えなければ気が済まない人は

サイレントモラハラをしてくる人と別の人の要望に答えることでその欲求を満たすようにしてください。

別の人の要望に応えることである程度手一杯になれば

サイレントモラハラのサインには鈍感になり、ターゲットから外れる可能性があります。

上手くいかない場合はどうする?

紹介した改善策を試しても上手くいかない場合は退職を考えた方が良いです。

相手の方が上手なら正直もがいても解決しない可能性があります。

慎重に判断しつつ、自分の身の安全を最優先してください。

もし、会社を「辞めづらい」と感じる場合は退職代行がおすすめです。

チェックしてみると良いと思います。

 

一番おすすめの退職代行サービスはSARABAです。

\業界No.1の退職代行サービス/

サラバの評判を見る サラバの公式HPを見る 

厳選ランキングはこちら

職場でのサイレントモラハラの具体例

職場でのサイレントモラハラの具体例

  • 自分にだけ不機嫌な態度をとる
  • 威圧的なため息をつく
  • 無視する
  • 視線でプレッシャーをかける

詳しく説明していきます。

自分にだけ不機嫌な態度をとる

他の人に対する態度と自分に対する態度を意識的に変えているパターンです。

「自分のどこがダメなんだろう」

「どうすれば他の人と同じ態度をとってもらえるだろう」

と考え出したら思うツボです。

サイレンとモラハラではないケースもあるかもしれませんが

相手が中心的人物でも「合わないものは合わない」と割り切りましょう。

威圧的なため息をつく

あなたがした作業などについてあからさまにため息をついてくるパターンです。

この場合も同じように「私仕事できないのかな」などと考えだすと思うツボです。

実際には何も落ち度が無いのにポーズでため息をついている可能性が高いので

周囲に対して証明する意味でも「すみません、何か間違っていましたか?」と低姿勢で確認してみると良いでしょう。

相手が計算高いのである程度こちらも作戦を立てて対処する必要があります。

無視する

仕事で話しかけても無視されてしまうパターンです。

心理的にキツいですが同じく「何が悪いんだろう」と考えてはいけません。

あなたに落ち度があるから無視しているのではなく

あなたが狙いやすいから無視しているのです。

無視をやり返して対抗すると巧みに印象操作され、悪者にされてしまう可能性があるので

無視される前提で相談などは避け、報告中心に作業すると良いでしょう。

視線でプレッシャーをかける

あなたが同僚と仲良く話していると冷やかな視線を向けてきたり

仕事でミスがあった時に視線を向けてきて悪者に仕立てようとしてくるパターンです。

サイレントモラハラの場合は直接的に攻撃してくることは稀なので

徹底的に気づいていないフリをして無視しましょう。

サイレントモラハラをする人の心理とは

サイレントモラハラをする人の心理

  • 相手をコントロールしようとしている
  • 自分より下の存在が欲しい
  • 不満をぶつけたいが、自分は悪者になりたくない

詳しく説明していきます。

相手をコントロールしようとしている

サイレントモラハラの目的の一つは相手を心理的に支配しコントロールすることです。

相手に静かに攻撃を続けて弱らせ、自分の意のままに操ろうとしています。

心が弱ると従順な反応をしてしまいやすく

「相手の言う通りにすれば攻撃されない」といった思考になりやすいです。

実際はコントロールして楽しんでいる場合もあるので言う通りにしても攻撃は止みません。

自分より下の存在が欲しい

サイレントモラハラを行う人の中には

「自分の優位性を証明したい」

という考えであなたに攻撃を仕掛けている人もいます。

あなたを差別して低く扱うことで「自分より下」とレッテルを貼り満足しています。

洗脳されてしまわないように注意が必要です。

不満をぶつけたいが自分は悪者になりたくない

サイレントモラハラを行う人は何かに不満を抱えている人もいます。

不満を晴らしたいけど矛先がなく、表立って不満をぶつけると自分が悪者になるので

非言語的で静かな方法でモラハラを行います。

つまり原因はあなたには無いことが多いので相手のために悩むのはやめましょう。

サイレントモラハラの注意点

サイレントモラハラをされている場合の注意点

  • 激しさが無いので我慢してしまう
  • 本人に自覚がない場合もある
  • 被害者側のストレスは確実に溜まっている

詳しく解説していきます。

激しさがないので我慢してしまう

一般的なモラハラだと暴力的な発言をされたりするので

「もう限界」「これだけされたら我慢できない」となるポイントが見つけやすいです。

サイレントモラハラの場合は「もしかしたら自分の勘違い?」と

自分のせいにして我慢してしまう場合もあります。

違和感を感じたら距離をとるのが無難です。

本人に自覚がない場合もある

サイレントモラハラは本人も無意識に行なっている場合もあります。

攻撃も証拠に残しづらいものが多いので

「サイレントモラハラを暴いて懲らしめる」のは難しいと考えられます。

被害者側のストレスは確実に溜まっている

もし距離を取っても無視しても

サイレントモラハラをしてくる相手の姿が目に入ったり名前を見たりするだけでストレスが蓄積している可能性もあります。

自分の状態を冷静に判断して「危ない」と思ったら退職して離れることも視野に入れる必要があります。

「辞めると伝えられない」場合は退職代行がおすすめです。

 

一番おすすめの退職代行サービスはSARABAです。

\業界No.1の退職代行サービス/

サラバの評判を見る サラバの公式HPを見る 

厳選ランキングはこちら

サイレントモラハラを放置すると危険

サイレントモラハラの最も危険なのは完全にコントロールされてしまうと抜け出せないことです。

相手を見るだけでつらい感情が溢れてきて体に不調が出てきてしまう可能性もあります。

防ぐには早めに対処することが大切です。

なんども刷り込まれてコントロールされる前に抜け出すことが大切です。

根本的解決策として一番良いのは退職することです。

サイレントモラハラは目立たないですが非常にダメージが大きい攻撃なので

「これくらいのことに負けて」と自分を責める必要はありません。

会社に言いづらければ退職代行を利用しましょう。

 

一番おすすめの退職代行サービスはSARABAです。

\業界No.1の退職代行サービス/

サラバの評判を見る サラバの公式HPを見る 

厳選ランキングはこちら

「職場でのサイレントモラハラの対処法」まとめ


職場でのサイレントモラハラの対処法まとめ

  • サイレントモラハラを行う人は巧妙なので対抗するのは得策ではない
  • まずは無視して関わりを減らし、自分を責めないようにする
  • それでもストレスが溜まるなら完全にコントロールされる前に退職を考える
  • 職場に「辞めると言えない」場合は退職代行の利用がおすすめ

サイレントモラハラは静かではありますが人の精神にアプローチしてきているので

非常に危険な攻撃です。

サイレントモラハラを受けている人は放置せず、自分を守るようにしてください。

自分で退職を言い出さなくても退職できる「退職代行」はサイレントモラハラを受けている方の助けになると思います。

ぜひチェックしてみてください。

\業界No.1の退職代行サービス/

サラバの詳細を見る サラバの公式HPを見る