仕事の悩み相談

人手不足で辞められない時の解決策と辞めて良い理由!体験談も紹介

人手不足で辞めたいのに辞められない・・

このように悩んでいる方は非常に多いです。

今回の記事ではツイートの内容を深掘りしつつ

人手不足で辞められない時の解決策と辞めて良い理由について解説していきます。

局長ひで
局長ひで
人手不足でも退職した方の体験談も紹介しています。

人手不足で辞められない時の解決策

会社が人手不足でも「辞めたい」と思っているのであれば勇気を出して退職することが唯一の解決策です。

それ以外に人手不足で辞められない時の解決策は存在しません。

「他の人に迷惑がかかる」と思うかもしれませんが、あなたはもう十分我慢したはずです。

退職して解放されて良いと思います。

とはいえ退職を伝えるもの大変だと思うのでこれからさらに解説していきたいと思います。

最高の解決策は退職代行サービス

「人手不足で会社を辞められない」と感じている方にとって最も有効な解決策は退職代行サービスを利用することです。

退職代行を利用すれば、自動的に即日で退職が完了します。

今まで悩んでいた日々が嘘のように苦しみから解放されるのです。

人手不足の中辞めてしまう罪悪感を感じるかもしれませんが、罪悪感に襲われるのは一瞬のことで、多くの場合「辞めてよかった」感じるようになります。

退職代行とは?

退職代行とは会社を辞めたいと思った時に、本人に変わって退職の処理を行ってくれるサービスです。

2018年ごろから増えてきたサービスで多くのメディアで紹介されています。

今では100社以上の事業者が乱立し、しのぎを削っています。

中でも有名なのは

  • 退職代行SARABA(サラバ)
  • EXIT
  • ニコイチ

の3大退職代行業者で

20代男性の利用が最も多いですがサービスの普及とともに幅広い年代、性別の方の退職に貢献しています。

料金はかかってしまいますが

  • LINEで手軽に連絡ができて退職が完了する
  • 自分で退職を言わなくて良い
  • 一切会社の人と顔を合わさず退職できる
  • 明日から出勤しなくて良くなる

とメリットが多いので利用者が急増しています。

まずは退職代行サービスランキングで優良業者をチェックしましょう。

退職代行業者はどこが良い?

退職代行サービスは100社以上あり、どこを選んだら良いのかわかりにくい状況になっています。

当サイトで徹底リサーチした結果、一番おすすめは退職代行SARABA(サラバ)です。

SARABAなら公務員の退職にも対応しています。

退職代行SARABAの特徴
  • 退職成功率100%
  • 実績がトップクラス
  • 口コミが良い
  • LINEの返信がとにかく速い
  • 即日退職可能
  • LINEで回数無制限で無料相談ができる
  • 会社との交渉権がある
  • 違法性を問われることがない
  • 価格も適正で追加料金なし
  • 有給や未払い給料、残業代も請求できる

とにかく非の打ち所がない退職代行サービスなのでまずはサービスの詳細や公式HPをチェックしてみて下さい。

\業界No.1の退職代行サービス/

人手不足の退職は難航するケースが多い

「なんとか自力で退職したい」と感じる方も多いですが、人手不足の自力退職は難航するケースが多いです。

まず非常に言いにくいですし、会社側のあらゆる手を使って引き止めてきます。

退職代行を使うことをお勧めしますが、自力退職の場合はかなりの覚悟が必要になります。

辞めるまでの間、同僚の目がかなりきつい

退職を伝えてから退職するまでは通常1ヶ月程度は時間があると思います。

その間ずっと同僚たちからは抜け駆けしたかのような目で見られる可能性があります。

人手不足で苦しんでいるのは皆同じなので自分1人辞めるという嫉妬の視線を感じながら残りの期間過ごすのはかなりきついです。

退職代行なら退職を伝えてから残りの期間は有給なり欠勤なりで出勤する必要は無くなるのでかなり心理的負担は軽減されます。

転職先を決めてから退職を伝えるのもきつい

会社を納得させる一つの手段として「あらかじめ転職先を決めておく」というやり方もありますが

この方法の最大の欠点は転職先が決まるまで我慢して仕事を続けなければならないことです。

転職エージェントに登録してもすぐに転職先が決まるわけではないので終わりのない不安に襲われ続ける形になります。

退職代行には転職サポートをしてくれるサービスもあるのでまずは退職をしてうまく活用すれば転職エージェントが不要になる可能性もあります。

人手不足でも辞めてしまって良い理由

人手不足で辞めていくのは心理的抵抗があるかもしれませんが
実際は人手不足でも辞めてしまって良いんです。

人手不足でも辞めてしまって良い理由
  • つらいのだから自分を優先すべき
  • 人手不足は会社や上司の管理責任問題
  • 退職代行を使っても引き継ぎはできる
  • ブラック企業は従業員に甘えている
  • あなたのおかげで採用に本腰を入れる可能性も

>>退職代行サービスランキングを見る

つらいのだから自分を優先すべき

1番伝えたいのは「つらいのだから自分を守るべき」ということです。

「人に迷惑をかける」とか「逃げでは?」など躊躇する要因はあると思いますが
それらの要因は実はとてもちっぽけなもので、全てを超えて「自分を優先すべき」です。

結局あなたの人生はあなたが味わっている部分が全てなので、つらい自分を解放してあげることが何より大切です。

人手不足は会社や上司の管理責任問題

人手不足な中、辞めてしまうと自分がまわりに迷惑をかけている気持ちになってしまいますが、実は迷惑をかけているのは会社や上司です。

会社や上司が人手不足を解消していれば、あなたが辞めても問題ないはずなので責任の所在は管理者である上司や会社側にあります。

退職代行を使っても引き継ぎはできる

退職代行を使うと引き継ぎができないことが心残りな方も多いと思います。

まずは退職代行を利用する前日に引き継ぎメモを置いておくことをおすすめしますが

突然退職してしまった場合やさらに細かい引き継ぎが必要な場合でも
退職代行サービスを通して引き継ぎをしていくことができます。

連絡を仲介してくれるので会社の人と直接やりとりすることなく、細部まで伝達することができるので安心できます。

ブラック企業は従業員に甘えている

ブラック企業は従業員に甘えて働かせすぎています。

つまり悪いのは人手不足を(意図的に)起こしているブラック企業であり、辞めていくあなたではありません。

これ以上ブラック企業の甘えを野放しにする必要はないと思います。

あなたのおかげで採用に本腰を入れる可能性も

人手不足でも会社側は「まだなんとか回っているから」と放置している場合も多いです。

あなたが退職することで本当の意味で「会社が回らない」状況は発生すれば
会社も採用に本気で踏み出さざるを得ません。

採用活動を開始すれば流れで数名社員が入る可能性もあるので、あなたの行動によって社員数が増えて良い方向に進む可能性もあります。

 

人手不足でも退職した体験談

人手不足な中、退職をした体験談を紹介します。

製造業で担当する製品の検査を5人でこなしていました。会社の方針で検査員は社員しかいない状況ですが、徐々に注文が増え増産となりました。

勤務時間内では終えることができず、残業や休日出勤で対応する毎日でしたが、繁忙期に入ってから、忙しすぎて退職する人が続きました。

これ以上人が欠けると出荷ができない状況になるので辞めるわけにはいかないと思って頑張っていましたが、どうしても限界を感じ退職を申し出ました。

30代男性製造業

 

自分の部署は力仕事もあるため男しかいないのですが、他の部署は女性がメインなので求人をかけても女性の採用ばかりで男性がなかなか入社しませんでした。

自分もそこそこに仕事を覚えている所もあり、代わりが来るまでは動けない状況でした。さらに一人暮らしで車持ちですが、ほとんど贅沢できないくらい生活がギリギリでした。

5年ほど勤めている為、頼りにされていると多少なり思っておりお世話になった事もあり辞めて次に行く事がなかなかできずにいますした。

仕事内容は好きですが、仕事が単調で日常に刺激がありません。自分自身に成長を感じないので、本来のポテンシャルを生かせず中途半端な形で仕事をしてしまっていると感じたので退職に至りました。

20代男性ネットショップ勤務

このように人手不足でも退職に踏み切っている方はいます。

自分で退職を伝えることが困難な状態であれば退職代行サービスの利用を検討しましょう。

 

人手不足で辞められない代表的なケース

人手不足で辞められない時の代表的なケースを紹介します。

紹介するのは世の中にありふれたケースばかりで、そんな中退職していく方も多くいるので当てはまっている方も退職を躊躇する必要はありません。

人手不足で辞められない代表的なケース
  • 新規採用できるまで辞めるなと言われる
  • 後任がいないと言われる
  • 仕事が回らないと言われる
  • 昇給を提案される
  • 「迷惑を考えろ」と怒られる
  • 「頼むから続けてくれ」とお願いされる
  • 「辞めたら損害賠償だ」と脅される

新規採用できるまで辞めるなと言われる

退職を伝えても「新規採用中だから決まるまでは続けて欲しい」と言われるケースです。

一見筋が通っているように思いますが、新規採用はいつできるかわからないので酷い場合はそのまま退職をうやむやにされてしまいます。

会社の都合に合わせる必要はないので早めに退職してしまった方が良いでしょう。

後任がいないと言われる

「後任がいないから退職はさせられない」と言われるケースです。

そもそも会社は退職を断ることはできませんし、後任を探すことができていないのは会社の責任なので言いなりになる必要はありません。

自分が辞めてから後任を探してもらえば良いと考えておきましょう。

仕事が回らないと言われる

本来は仕事が回らないことは退職を辞めさせる理由として成り立っていません。

あなたは労働の対価として賃金ややり甲斐などの報酬を得るために働いているのであって
会社を回すために働いているわけではないからです。

会社が回るかどうか管理するのは会社や上司の責任であってあなたが負担を負う部分ではありません。

昇給を提案される

退職を辞めさせる材料として昇給を持ち出されるケースです。

条件が破格なほど良いのであれば残るのも1つの手ですが
確実に「辞めるとゴネて給料上げてもらった人」のレッテルは貼られますし、今の仕事の辛さに耐えていかない状況が変わりません。

いち早く解放されてたい場合はい自分の心を優先して転職に進みましょう。

「迷惑を考えろ」と怒られる

退職を伝えると激昂され、「人が足りないのに辞めるなんて何事か」と非常識扱いされるケースです。

重要なのは、非常識はあなたではなく会社側だということです。

退職の申し出を力ずくで抑え付けようとする行為はブラック企業、ブラック上司以外の何物でもなく、そのような会社に残っていると危険です。

「頼むから続けてくれ」とお願いされる

退職の申し出を取り下げるようお願いされるパターンです。

感情を込めてお願いされると、こちらが悪いことをしているような気分になって流されてしまいがちですが応じる必要はありません。

実際あなたが辞めてもほとんどの場合は何事もなく会社は回っていくので重く受け止めないようにしましょう。

「辞めたら損害賠償だ」と脅される

「損害賠償だ」と脅すことで退職を辞めさせようとするパターンです。

そもそもどれだけ人手不足でも退職しただけで損害賠償請求を受けることはありません。

また、会社側も裁判費用をかけて1人の社員を訴えるということは採算が合わないのでほぼありえません。

かなり悪質な脅しなのでそのような会社は早めに退職した方が良いでしょう。

まとめ:人手不足は辛すぎるので早めに決断しよう

人手不足の会社を辞めたいと思いながらも、辞めづらくてずるずると時間が経ってしまっている方も多いと思います。

しかし放置することで人手不足が解消するのは非常に稀です。

他人任せで人手不足が解消されるのを待つのではなく
自分で転職に踏み切った方が的確に行動を起こすことができます。

退職代行サービスには無料の転職サポートがついており、LINE相談も無料なのでまずは連絡を取ってみましょう。

 

RELATED POST
仕事の悩み相談

「退職を伝えた後が気まずい」時の対処法は?まだ伝える前の人も必見!体験談も紹介

2020年10月16日
退職代行おすすめ業者比較ランキング2021【100社から厳選】|退職代行ソムリエ24
こんな状況に陥っている方も多いと思います。 退職は当然の権利ですが 退職を伝えた途端社内の雰囲気が厳しくなり 「気まずさ」 …
仕事の悩み相談

働く意味がわからない時にやるべきたった一つのこと。気づいていますか?

2020年11月10日
退職代行おすすめ業者比較ランキング2021【100社から厳選】|退職代行ソムリエ24
このように強い疑問を覚えている方多いと思います。 「働く意味って何だろう」 これは非常に深い悩みです。 意味もわからな …