仕事の悩み相談

SEは休日も呼び出しがあってつらい!解決策と転職体験談を紹介

SEは休日も呼び出されて休めないしつらい

SEにはかなり多い悩みだと思います。

今回の記事ではツイートの内容を深掘りしつつ

SEの休日の呼び出しがつらい時の対処法と転職体験談を紹介していきます。

 

SEは休日も呼び出しがあってかなりつらい

SEは雇用形態にもよりますが基本的に残業や呼び出しによる休日出勤も多く、労働基準法が忘れられたかのように法定休日も守られずに手当が出ない場合も多いです。

「つらいなんて甘いのかな」「SEなんてこんなもの」と無理やり納得している方もいますが、実際かなりつらい職業だと考えて間違いないです。

アンケートでもSEは20代、30代から非常に敬遠されています。

引用元:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000050446.html

約85%が「SEになりたく無い」と回答しています。

理由は「仕事がきつそう」「長時間労働」「ブラックなイメージ」といったものが多いです。

休日も呼び出しが多くてつらいと考えているなら、今の状況を変えるために行動を起こす必要ががあります。

一番良くないのは「変化が怖くて現状に甘んじること」です。

しっかりと対処法を学んで実行していきましょう。

SEの休日呼び出しがつらい時の対処法

SEで休日の呼び出しがつらい時の対処法を紹介します。

まず前提として退職は必須になってきます。

休日呼び出しがつらいときの対処法
  • フリーランスエンジニアになる
  • 比較的残業、休日呼び出しの少ない形態に転職する
  • 別の職種に転職する

フリーランスエンジニアになる

雇われのSEは非常に休日呼び出しや残業が多いですが、フリーランスに転向すると自分のペースで働くことができます。

単価も非常に高く、年収UPが見込めますし仕事内容を選ぶことができるので得意分野で勝負することができます。

フリーランスのメリット
  • 無理のないペースで働ける
  • やりたい仕事を選べる
  • 年収UPが見込める
  • 好きな場所で働ける
フリーランスのデメリット
  • 安定性がわからない
  • 営業活動が必要

フリーランスエンジニアは単価が高いので仕事が途切れる期間があっても年収は変わらない場合もあります。

実績を積み上げてしっかりと仕事を取れるようになってくると年収UPの可能性は大きいですし、営業活動が苦手な方はエージェントに仲介してもらうこともできます。

比較的休日呼び出しの少ない形態に転職する

転職の際に吟味する必要がありますが、SEの中でも社内SEは比較的休日呼び出しや残業が少ない傾向にあります。

社内SEはすでにあるシステムのメンテナンスやユーザーからの要望に応えていくので納期に追われる心配がありません。

ただし、職場によっては常駐に仕事を押し付けられ、逃れられない場合もあるので通いや構築で関わるのも有効な手段です。

その他にも

  • ITに力を入れていない会社のシステム部門で働く
  • 事務職などと兼任して「お助け役」程度のものを探す

など、第一線でバリバリ働く必要のない働き方を選ぶことも重要です。

別の職種に転職する

SEとして働いていくこと自体苦痛に感じている場合は、ホワイトな業種に転職することも有効です。

まずは「自分のやりたいこと」を優先して良いですが今までの経験を生かしたい場合はWEBエンジニアがおすすめです。

同じIT業界の中では比較的働きやすい業種と言われています。

働くことは人生の中でとても重要な要素ですが、休日も無く働きづめでは体に負担がかかり過ぎてしまいます。

SEの休日呼び出しがつらい場合、退職は必須と言えます。

しかしながら「辞めたくても辞められない」という方も多いと思いますので

そのような方は辞めたくても辞められない時の対処法をご覧ください。

SEで休日の呼び出しがつらくて転職した体験談

実際にSEの働き方が辛くて転職した方に体験談を伺ったので紹介します。

体験談 1:スキルのないプロジェクトに投入され休日出勤

局長ひで
局長ひで
転職した時の状況を教えてください。
30代男性
Aさん
30代男性
Aさん
自分がスキルを持っていない言語の開発に投入され、結果を出せない状況で納期が近づいてくるのでやむを得ず休日も働いていました。

その頃は、あるプロジェクトに経歴書偽装の上、特定派遣として自社より一人だけ投入されていたので相談相手もいなかったです。

局長ひで
局長ひで
転職した時の流れを教えてください。
30代男性
Aさん
30代男性
Aさん
心身故障(うつ病)で欠勤→休職→そのまま退職とうい流れです。

退職届を提出するときだけ出社したように記憶しています。 後の退職の手続きは、全て電話と郵便で済ませさせてもらいました。

退職してから、転職サイトやハローワークで次の仕事を探し始めました。

局長ひで
局長ひで
今はどのように働いていますか?
30代男性
Aさん
30代男性
Aさん
SEはもうきついと思ったのでタクシー運転手になっています。

SEとして働くとしても枯れた企業のシステム部門のようなところで正社員として働くのが、もっとも安定して働き方も楽だと思います。

局長ひで
局長ひで
ありがとうございました!

体験談2:歳を重ねるごとにつらくなってきた

局長ひで
局長ひで
転職した時の状況を教えてください。
40代男性
Bさん
40代男性
Bさん
休日出勤も当たり前の環境でしたが、歳をとるごとに机と向き合いひたすらはタイプ、システムを構築していることが

この先、仕事としと続けていけるかを考えると苦しくなりました。頭をなやませながら、この仕事を続けるのは限界にきていました。

局長ひで
局長ひで
転職した時の流れを教えてください。
40代男性
Bさん
40代男性
Bさん
この先を考え、専門職のseから会社内における事務職に転職し

そのなかで、pc.システムに加勢していけるような、仕事をさがしました。

転職活動の際、事務職かつ「mos、インフラ経験」優遇で、職をさがしました。

局長ひで
局長ひで
今はどのように働いていますか?
40代男性
Bさん
40代男性
Bさん
今は事務・総務系で働いています。

SEでの経験も活かせる仕事内容ですが、専門職でなく、企業内における「お助け役」として働いているので仕事にしばらず、非常に快適です。

局長ひで
局長ひで
ありがとうございました!

体験談3:休日も泊まり込みで疲労困憊

局長ひで
局長ひで
転職した時の状況を教えてください。
30代男性
Cさん
30代男性
Cさん
開発から一時出荷までの期間が約半年ですが最後の一か月はほぼ会社に泊まり込みになってしまい疲労困ぱいになっていました。

会社には自分用の寝床を用意していましたし、朝から夜中まで休日も関係なく一日中稼働状態になっていました。

局長ひで
局長ひで
転職した時の流れを教えてください。
30代男性
Cさん
30代男性
Cさん
一時出荷がひと段落付いたときに転職の希望を上司に伝えました。

その時には次のプロジェクトが一部動いていたのですが、そこからは外れさせてもらいました。

引継ぎ等に一か月ぐらいかかりそのあとに退職をした感じになります。

局長ひで
局長ひで
今はどのように働いていますか?
30代男性
Cさん
30代男性
Cさん
今はSEを離れて、オートバイ、自動車部品の製造、主にレース用の特殊部品を作る会社で働いています。

SEで働いていても楽になる気がしなかったので思い切って業界を変えました。

局長ひで
局長ひで
ありがとうございました!

みなさん退職に関しては苦労なさっていないですが

「辞めたくても辞められない」と感じている方は対処法をご覧ください。

SEは休日の呼び出しが多い理由

そもそもSEはなぜ休日の呼び出しが多いかその主な理由を紹介します。

SEは休日の呼び出しが多い理由
  • 納期前が激務
  • システムにバグはつきもの
  • システムの納品は休日に行われる
  • トラブルの解決は急を要する

納期前が激務

プロジェクトの期間が半年程度あったとしても納期前最後の1ヶ月はかなり激務になります。

ほとんど泊まり込みで作業を行う場合も多いと思います。
納期と戦わずに済むSEの働き方を目標にするとかなり楽になります。

システムにバグはつきもの

システムがバグを起こしてしまうのは仕方ないですが、開発中にバグが起きると対処に終われさらに作業が遅れます。

その結果納期が近づき、休日出勤しないといけない状況になってしまいます。

バグはつきものなのでやはり納期から解放されることが重要です。

システムの納品は休日に行われる

納期内にシステム開発を無事に終えることができてもシステム納品はクライアントが営業していない休日に行われます。

必然的に土日祝日などの休日に呼び出される状況になってしまいます。

代休があれば良いですが、ほとんどの場合通常出勤になるので休みが減るという状況になってしまいます。

トラブルの解決は急を要する

SEはシステムを納品した後も「運用・保守」の業務の一環としてトラブル解決に携わる必要があります。

クライアントが使用しているシステムのため、不具合が起きた場合は休日でも呼び出されて対応を迫られる場面が出てきてしまいます。

このようにSEは放っておくと休日に仕事をしなければならない要素が満載なので会社を探す際には慎重に仕事内容を選ぶ必要があります。

 

辞めたくても辞められない時の対処法

今の職場を辞めたいと思っても言い出せなかったり、人手不足や引き止めにあってしまったり「辞められない」状況に陥る方も多いです。

そのような場合は退職代行サービスの利用がおすすめです。

退職代行とは?

退職代行とは会社を辞めたいと思った時に、本人に変わって退職の処理を行ってくれるサービスです。

2018年ごろから増えてきたサービスで多くのメディアで紹介されています。

今では100社以上の事業者が乱立し、しのぎを削っています。

中でも有名なのは

  • 退職代行SARABA(サラバ)
  • EXIT
  • ニコイチ

の3大退職代行業者で

20代男性の利用が最も多いですがサービスの普及とともに幅広い年代、性別の方の退職に貢献しています。

料金はかかってしまいますが

  • LINEで手軽に連絡ができて退職が完了する
  • 自分で退職を言わなくて良い
  • 一切会社の人と顔を合わさず退職できる
  • 明日から出勤しなくて良くなる

とメリットが多いので利用者が急増しています。

退職代行業者はどこが良い?

退職代行サービスは100社以上あり、どこを選んだら良いのかわかりにくい状況になっています。

当サイトで徹底リサーチした結果、一番おすすめは退職代行SARABA(サラバ)です。

SARABAなら公務員の退職にも対応しています。

退職代行SARABAの特徴
  • 退職成功率100%
  • 実績がトップクラス
  • 口コミが良い
  • LINEの返信がとにかく速い
  • 即日退職可能
  • LINEで回数無制限で無料相談ができる
  • 会社との交渉権がある
  • 違法性を問われることがない
  • 価格も適正で追加料金なし
  • 有給や未払い給料、残業代も請求できる

とにかく非の打ち所がない退職代行サービスなのでまずはサービスの詳細や公式HPをチェックしてみて下さい。

体や心を壊す前に働き方を改めよう

「休日に呼び出されるのがつらい」と感じているのであれば

それは心や体が発するSOSです。

無視して働き続けてしまうと健康を害してしまう結果になりかねません。

以前までは無理して働くことができていても、1度気持ちや体力が切れてしまうとなかなか元には戻りません。

退職し、新たの職をしっかり探していけば今の苦しみから解放されるのであれば
思い切って挑戦するべきだと思います。

退職代行SARABA(サラバ)は無料転職サポートもついているので職探しも安心です。

LINE相談は無料で回数無制限なのでまずは悩み相談からでも良いので一歩踏み出しましょう。

RELATED POST
仕事の悩み相談

職場でサイレントモラハラを受ける人の特徴と対処法は?体験談も紹介

2020年9月14日
退職代行おすすめ業者比較ランキング2021【100社から厳選】|退職代行ソムリエ24
職場での悩みの一つにモラハラがありますが モラハラの中でも特に陰湿なサイレントモラハラが急増して来ています。 職場でのサイレント …
仕事の悩み相談

「週5フルタイムが無理」はおかしくない!共感の声や解決策も紹介

2020年11月17日
退職代行おすすめ業者比較ランキング2021【100社から厳選】|退職代行ソムリエ24
こんな風に思う方はとても多いです。 世の中、多くの方がフルタイムで働いていますが そもそも労働時間が長すぎます。 「フルタ …