退職代行コラム

退職代行を使う人はクズ?全然そんなことはない!冷たい視線を浴びない方法も紹介

退職代行使いたいけど「クズ」って言われるのかな・・

退職代行を使う人が「クズ」という発言はSNSなど目にすることがあります。

しかし、仕事が毎日つらくて、追い詰められて、それでも頑張って。
体に不調も出てきている・・

限界まで我慢して退職代行を利用する人が果たして本当にクズなのでしょうか?

結論を言うと退職代行を使う人は全くもってクズではありません。

今回の記事ではこのツイートを深掘りしつつ

退職代行を使う人が「クズ」ではない理由
「クズ」と冷たい視線を浴びない方法

を解説していきます。

局長ひで
局長ひで
誰が何と言っても「自分を大切にすること」を忘れないでください。

 

退職代行を使う人が「クズ」ではない理由

退職代行を使う人がクズではない理由を紹介します。

退職代行を使う人がクズではない理由
  • 真面目な人ほど辞めると言えない
  • 退職代行を使う所まで追い詰めた会社や上司がいちばん悪い
  • 「辞めたい」人の嫉妬を買っている可能性も
  • 退職者が出て困るのは会社や上司の責任

順番に解説していきます。

真面目な人ほど辞めると言えない

退職代行を利用する人をクズと言う側の人は「退職代行を利用するなんて無責任」
と非常に真面目な意見を述べています。

一方で真面目な人ほど責任感が強く、つらくても「辞める」と言えず頑張り続けてしまう傾向があります。

「自分がいないとダメだから」

「みんなに申し訳ないから」

と頑張り続けているうちに限界を超えてどうしようもなくなってしまいます。

決して退職代行を使う側の人も「クズ」なのではなく人一倍真面目で頑張り屋なんです。

しかも日本人は「出張しても世界一贅沢しない国民」と言われ真面目な人がとても多いです。

niftyニュース:
https://chosa.nifty.com/relation/chosa_report_A20130412/3/

アンケートでも分かる通り約6割が真面目な人です。

こういった背景も影響して退職代行サービスの需要が急増しています。

退職代行は決して一部の「クズ」が利用するものではなく

真面目な日本国民「誰もが」利用する可能性のあるサービスなのです。

退職代行を使う所まで追い詰めた会社や上司がいちばん悪い

退職代行を利用する人が悪者として責められる傾向にありますが

軽い気持ちで料金を払ってまで退職代行を利用する人はいません。

ではどこに責任があるのでしょう?

退職代行を使わないといけない状態まで追い詰めた会社や上司が悪いと考えるのが自然です。

  • パワハラやモラハラがある
  • 残業が多い・人手不足
  • 給料が低い
  • ノルマや規則で追い詰められる

などブラックな状況にも関わらず、放置されると労働者は追い詰められてしまいます。

誰かに相談できればガス抜きもできますが、実際は相談できず追い詰められてしまう人が多いです。

勤務先がブラック企業だと感じている人に「誰に相談するか」アンケートをとった結果がこちらです。

調査のチカラ:
https://chosa.itmedia.co.jp/categories/career/63101

アンケートでも分かるようにブラックな会社は「相談できない」場合が非常に多いです。

上司に相談するのはわずか4%であるのも上司が元凶であると物語っているように感じます。

このような状況で追い詰められて退職代行を利用した人は「クズ」でしょうか?

過酷な状況が「辞めづらさ」「伝えづらさ」を生んでいるので責められるべきは会社や上司の側だと思います。

「辞めたい」人の嫉妬を買っている可能性も

実は「辞めたい」人が多いのに「辞めない」ことが常識になっているのが今の現状です。

辞めたいのに実行に移さない人も多く、退職代行を利用する人は嫉妬を買ってしまう場合があります。

アンケートでも「辞めたい」と感じている人はとても多いです。

FNNプライムオンライン:
https://www.fnn.jp/articles/-/19405

辞めたいと感じる人は74%、退職確定の人を合わせると90%が辞める意思があると考えられます。

普通に考えるとこれだけ多くの人が「辞めたい」のであれば退職代行サービスはすんなり受け入れられるはずですが

「クズ」と声が上がるのは退職代行を利用した人が「行動した人」として嫉妬を買っているからでしょう。

残念ですが、他人の足を引っ張って同じ場所に止めようとする人もいるのです。

退職者が出て困るのは会社や上司の責任

人材のマネジメントも退職者が出た場合のフォローも会社や上司の役割の一つであり

退職者が出て困るのは会社や上司の管理能力不足と言えるでしょう。

今や年間の転職者数は350万人に登り、離職率は14%を超えています。

これだけ退職していく人が多いのであれば、退職者が出る可能性を考え対策を練っておく必要があるのは明らかです。

しっかり人員のマネジメントが出来ていれば退職代行を使う人が出ても対応ができるはずなので

「クズ」と罵る状態になってしまうのは会社や上司側の責任が大きいと言えます。

このように退職代行サービスを利用する人がクズと言われるのは大きな誤解があると言えます。

どんなに真面目に生きてきて責任感のある人でも退職代行を利用しなければどうしようも出来ない状況に陥ることはあるのです。

とはいえ批判を浴びてしまう可能性もあるので

「冷たい視線を浴びない方法」もぜひチェックしてみてください。

退職代行は「クズ」どころか賢い選択

退職代行を使う人はクズと言われることもありますが

実は「転職」というゴールへ向けて賢い選択ができる人です。

辞めることが可能な状況であれば退職を申し出ていたはずですが

「辞めたくても辞められない」という状況に合わせて「どうしたら辞められるか?」を考え

退職代行にたどり着き、行動出来ている人です。

なぜ退職代行を使っても転職することが「賢い選択」かというと

アンケートでは転職者の実に87%が「転職して良かった」と回答しているからです。

マイナビニュース
https://news.mynavi.jp/article/20190111-753710/

転職する前は不安が大きいですが、これだけ多くの人が「良かった」と答えている以上

今の苦しい状況を変えるために転職は非常に有効な手段です。

希望的観測が大きいにも関わらず

「辞めにづらいから行動しない人」よりも

「退職代行を使って明るい未来を手にする人」の方が

賢い選択をしていると言えます。

退職代行を選ぶ時点で「賢い選択」をしていると思いますが

さらに重要なのは「賢く退職代行サービスを選ぶ」ことです。

実績・サービス・料金・会社との交渉力など退職代行に必要な要素を総合的に判断すると

一番おすすめ退職代行SARABA(サラバ)です。

退職代行の利用を考えている人はぜひチェックしておいてください。

\業界No.1の退職代行サービス/

サラバの詳細を見るサラバの公式HPを見る

厳選したランキングを見たい方はこちら

退職代行を使う人を「クズ」と思う人こそ危険

退職代行サービスについてよく知らない人が「クズ」と言うのは軽い発言なので気にする必要はありませんが

退職代行をされた側の会社や上司が「クズ」と言っているのは非常に危険な発言といえるでしょう。

  • 社員が退職代行を使うまでに追い込まれた原因
  • 本人がどれだけ思い悩んでいたか
  • つらい中ずっと頑張っていたのではないか
  • 自社に大きな欠陥があるのではないか
  • 上司自身に原因があるのではないか

などたくさん考える必要があるはずです。

「クズ」と言ってしまうのは考えることを放棄しているからであり、非常に表面的な意見と言えます。

そのような発言をする人の考え方を変えることは難しく、冷たい視線を浴びてしまいます。いち早く離れることが正解です。

冷たい視線を直接浴びない方法も紹介しているのでぜひご覧ください。

 退職代行を使う人は社会で通用しない?

「退職代行を使うような人は社会で通用しない」

評論家やパワハラ上司が言いそうですが

根拠のない言葉で事実を捉えていないので気にする必要はありません。

  • 仕事のできない上司
  • 仕事を押し付けてくる先輩
  • パワハラ・モラハラ上司
  • サボってばかりのお局

このような社会に通用していない人ほど会社に長くいる現状ってありませんか?

退職代行を使う人は「社会に通用しない人」の圧力に耐えられず、苦しんでいる人の場合もあるのです。

アンケートでは退職代行を知っている男性のうち約半数が「使ったことがある・使いたい」と答えています。

ツナケン:
https://tsuna-ken.com/news/20190813_1827.html

男女合わせても「使いたい・使ったことがある」人は35.9%です。

これらの人が全員社会に通用しないのであれば、社員が300人いると100人以上が通用しないということになってしまいますが

それほど多くないことは明らかです。

社会に対してはどんな人でもそれぞれの接し方があり、受け入れてもらえる場所があります。

「退職代行を利用する」ことと「社会に通用しない」ことは無関係

と言えます。

「クズ」と冷たい視線を浴びない方法

「クズ」の発言が見られるのは多くがSNS上であり、実際に冷たい視線を投げられることは少ないです。

しかし、注意が必要なのは退職代行が失敗し、会社に通い続けなければいけない場合です。

退職代行は悪いことではありませんが、会社に追い返されて退職代行が失敗し

その後また同じ会社で顔を合わせて働くのはつらいものがあります。

冷たい視線を回避するには失敗しない退職代行サービスを選ぶことが重要です。

失敗しない退職代行の特徴
  • 退職成功率が100%
  • 会社と交渉ができる
  • 実績が多い

まずは会社との交渉ができる労働組合の退職代行サービスの中から選ぶようにしましょう。

会社との交渉ができないと「会社の言いなり」になって追い返されてしまうケースが少なからずあります。

さらに、実績が多いにも関わらず退職成功率が100%をキープしているサービスを選べば完璧です。

失敗しない退職代行比較

サービス名 正社員
料金
退職
成功率
交渉 実績

退職代行
SARABA
27,000円 100%
退職代行
ニコイチ
27,000円 100% ×
退職代行
ガーディアン
29,800円 100%
男の退職代行(男性用)
わたしNEXT(女性用)
29,800円 100%
退職
コンシェルジュ
35,000円 100%

退職成功率100%のサービスで比較してみると

失敗しない特徴を全て満たしているのは退職代行SARABAだけです。

価格も良心的で追加料金無しなので退職代行の利用を考える際は必ずチェックしておいてください。

\業界No.1の退職代行サービス/

サラバの詳細を見るサラバの公式HPを見る

厳選ランキングを見たい方はこちら

誰がなんと言おうと必要なら退職代行すれば良い

何をするにしても行動を起こす時は必ず阻止しようと働く力が発生します。

退職代行のような目新しいサービスは特に批判を受けやすいです。

大切なのは誰になんと言われても自分の気持ちを優先することです。

あなたは苦しくても、つらくても、限界まで頑張ったはずです。

退職代行で今の苦しみが解決するのであれば利用して解放されるべきです。

少し休んで、次の環境でクズではないと証明していきましょう。

申し訳ない気持ちがあるなら誠意を尽くせば良い

「お世話になった人もいるのに退職代行を使うなんてクズだ」といった意見をみると

「確かに・・」と弱気になってしまうかもしれませんが

申し訳ない気持ちがあるなら誠意を尽くせば大丈夫です。

  • 貸与品はしっかり返却する
  • 制服はクリーニングに出して返却する
  • デスクは退職代行前日に整理してから帰る
  • 引き継ぎのメモを丁寧に書いて置いておく
  • お世話になった人には後から感謝または事情説明の手紙を送る

など誠意を尽くしてみると心が軽くなります。

申し訳ないから退職代行はやめよう
→仕事は辞められない
→自分はしんどいまま

ではなく

いかに「後ろめたい」と思わず退職代行を利用できるか考えてみましょう。

クズ呼ばわりする人は救けてくれない

例えば「クズだ」という意見に気を使って退職代行の利用をやめてしまい

今の会社で働き続けたら心の調子を崩してしまうかもしれません。

心は一度調子を崩すとなかなか元には戻らず、一生付き合っていかなければいけない可能性もあります。

退職代行を使わなかった結果、あなたがどんな状況に陥ってもクズ呼ばわりした人たちは救けてくれません。

それなら彼らの言葉に耳を傾ける必要はないと思います。

まずは退職代行で無事退職できた人たちの口コミを見てみると明るい未来が想像できて良いと思います。

\業界No.1の退職代行サービス/

「退職代行を使う人はクズではない」まとめ

「退職代行を使う人はクズではない」まとめ
  • 退職代行を使う=クズではない
  • 自分の置かれた状況に合わせて退職代行を選択できる人は賢い
  • 他人の意見ではなく自分の気持ちを優先することが大切
  • 冷たい視線を浴びない方法は失敗せず退職すること
  • 失敗しないサービスの中で1番おすすめは退職代行SARABA

転職、退職には非常に多くのエネルギーを必要とするので躊躇してしまう人も多いです。

ただでさえ仕事で苦しいのに転職や退職でさらに不安や悩みが増えるのは想像するだけでうんざりしますね。

退職代行を使えば退職で消費するエネルギーをゼロにすることができます。

さらに転職サポートが付いている退職代行サービスを選べば転職の不安も軽減されます。

ちなみに1番おすすめの退職代行SARABAは無料転職サポートも付いているのでぜひチェックしてください。

\業界No.1の退職代行サービス/

サラバの詳細を見るサラバの公式HPを見る

厳選ランキングを見たい方はこちら